タルヲシル研究所

4人暮らしの家計改善キロク

防災ストック

昨今の自然災害続きで、
再び防災について考えるようになりました。

わが家は東日本大震災のとき、
家屋の被害はありませんでしたが
停電と計画停電がありました。
子どもたちはまだ小学校低学年と幼稚園児で、
ハハも仕事をしておらず、
チチは最悪歩いても帰れる距離に職場があり、
お互いの実家も徒歩でも30分ほど。
なので、自宅に非常持出袋や食品ストックを
用意しました。


子どもたちが大きくなり、
1人で出かけることも増えてきました。
ハハもバイトを始めました。
今は学校も職場も歩ける距離ですが、
子どもたちは試合などでかなり遠くまで
出かけることもあります。
子どもたちだけで出かけることも多いので、
電車が止まったり乗り間違えたり、
いろんな状況に自分で対応できるように
なってきました。
こんなときはこうしたらいいよ、なんて
親子で話すこともあります。
防災のことを話すこともあります。
最終的に大切なのは、自分の身を守るための
知識と判断力なのかなと感じています。


なので、もし自宅に用意するとしたら、
逃げ出すときの荷物というよりは
自宅で過ごすための準備なのかなと思います。
停電しても食べられる食材とか、
停電したときに備えるもの。
例えばわが家は集合住宅なので、
停電すると水道が使えなくなります。
だから、お風呂には残り湯があります。
飲み水は2Lのペットボトルを2箱
ローリングストックしています。
さらに、麦茶は常に8Lは沸かしてあり、
牛乳とオレンジジュースは2Lずつあります。

お米は普段から鍋で炊いています。
子どもたちも炊けるようになりました。
切れるころには義理ママが買ってくれます。
カセットコンロももちろんあります。
防災ラジオに懐中電灯もあります。
いざとなったらアウトドア好きな
実家を頼るのもありかもしれません。


あと、最近よく食べるので常備しているのが
インスタントラーメンとフルーツグラノーラ
そして、おやつの蒟蒻ゼリーとチョコレート。
冷凍枝豆もよく買います。
自然解凍で食べられるのはいいですね。
週末の買い出しまでに
備蓄も減ってしまうのが目下の悩みですが、
あえて非常食を用意するよりは、
ローリングストックのほうが
気楽に準備できてハードルが低く感じます。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村