タルヲシル研究所

4人暮らしの家計改善キロク

少しずつ暮らしを作ってゆく

台所の水切りカゴをお試しで撤去してみた
のですが、チチの大反対で復活しました。
正直、カゴ自体が不衛生な気がして
ワタシは嫌なんですよね。
でも、洗いものは家族全員がやるので
反対者がいる限りは強行できません。無念。


実は今、わが家は停電なうです。
ちょうどお風呂を上がったところで、
カアさん素ッ裸でした。
洗濯も終わってたので、暗闇の中で
ケータイのライトを頼りに干しました。
ムスメは気づかずに寝ていますが、
ムスコは起きていたので手回しライトを
ひたすら回しています。寝ろよ。

先日防災用品を見直して、
ケータイの充電ができる防災ラジオを
もう1台買おうかとか、
モバイルバッテリーをもう1個買おうとか、
ポリタンクをもう1個買おうかと
ぼんやり考えていましたが、
ランタンも2個ほどあってもいいかも
しれません。
今は夜中だから寝るだけだけど、
夕飯の最中だったりしたら困りますよね。
よくよく検討しましょう。


防災用品以外にも近いうちに買おうかと
検討中のものはいろいろあるのですが、
いきなり全部揃えるのではなく、
ゆっくりじっくり吟味しながら
ときには本当に必要なものか考えながら
少しずつ暮らしを作ってゆくようなつもりで
やってゆこうかと思うようになりました。
ワタシたち夫婦が結婚するとき、
お互いに実家暮らしだったので
家電から家具からほとんど買うことに
なりました。
入居日が決まっていたのでその日までに
買わなくちゃならなくて、
つわりで苦しみながら家電量販店やら
家具屋やらディスカウントショップやらを
回り、引っ越しも自力でやりました。
今思えばそんなに慌てずにのんびりじっくり
選んで揃えてゆけばよかったのですが、
当時は何も考えず、実家にあるものを
揃えるのがあたりまえとばかりに
必死に買い揃えてゆきました。
過去のことを後悔しはじめたら
キリがありません。
買いものでも暮らしでも子育てでも、
自分の中のあたりまえに振り回されて
いたように思います。
何もなかったのなら何もないところから
少しずつ暮らしを作ってゆけばよかったと
今ならわかります。
たくさんのものがなくても、身ひとつでも
暮らしは作ってゆけたのです。

子どものころからやり直したいとは
あまり思わないけれど、
結婚当初に戻ってもう少し丁寧に
暮らしてみたいなぁとは思います。
キチンと掃除をして、
無駄遣いをしないで、
必要最低限のものだけを持って、
引っ越したばかりの15年前に戻って
そんな暮らしをやり直してみたいと
思うことはあります。

今ではもうゼロにはできませんから、
少しずつでも自分の気持ちいい暮らし方に
作り直してゆきたいです。
そうね、まずは自分で気持ちいい暮らしを
見つけるところからですね。



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村